転職や転勤で家を売るポイント
仕事の都合で引っ越すことに。今住んでいる家を処分しないと…。
転職が決まったので、今住んでいる家を売却したい…。
新しく住む家の事もあり、スムーズに今の家を売却したいけどどうしたら良いの?

不動産の売却って、そんな頻繁に経験する物では有りません。

だからこそ、こういう事でお悩みの方も多いのではないでしょうか?

でも難しそうな不動産の売却も、ポイントさえ押さえれば実はシンプルなんです。

たえこ

と言うワケでこんにちは!最近会社までの通勤が長く、引っ越しを考えている「家売るブログ」編集部員のたえこです!

今回はそういった、転職や転勤などで家を売る時の注意点やポイントについて詳しくまとめました。

不動産知識の薄い方でも、わかりやすい様に専門用語少なめに解説していますのでご参考ください。

それでは、参ります!

転勤や転職する時「売る」「貸す」それぞれのメリットデメリット

転職や転勤など、お仕事の都合で今住んでいる家を離れる時、売却するのか貸すのかそれともそのままにするのか考えなくてはいけません。

それぞれのメリットデメリットは、下記の通り。

【売却】

メリット
・今住んでいる家の管理等の手間が無い
・戻るか分からない家のローンと、これから住む家の賃料やダブルローンの二重払いがなくなる

デメリット
・オーバーローンだと売却が難しい事も


【賃貸に出す場合】

メリット
・後々今住んでいる地域に戻るつもりなら、すんなり戻れる
・家賃収入を、これから住む家の賃料やローンにあてられる

デメリット
・内装工事費用や、借り手が付かなかったりすぐに借主が出て行ってしまったらマイナスになり易い。
・引っ越し先で家を買う時、ローン審査の限度額が少なくなったり、審査が通らない。
・ローンが残っている時、規約違反や金利が上がってしまう。
・地価が下がってしまう事も。


【そのままにする場合】

メリット
・いつでも今住んでいる地域に戻れる

デメリット
・定期的に空き家の管理をしないと、家が傷んでしまう。
・戻ってきた時には建物が老朽化している

たえこ

こういった様なメリットデメリットがそれぞれ有ります。
賃貸にするんだったら、不動産屋に相談し定期借家契約を。そのままだったら、管理だけはしっかり行って下さい。
けれども、売却をする時には動く額も違うので、しっかり考えなければいけません。
次の項目ではそういった、不動産を売却する時の注意点等を解説致します!

転勤や転職で家を売却する時の流れや注意点

実際に転勤や転職等で自宅を売却すると決めたら、一般的に下記の様な流れを取ります。

1.相場・書類の確認
→査定に必要な書類の用意や、事前に自宅付近の相場をチェック
2.不動産屋に売却査定
→いくつかの業者に不動産査定を依頼して、対応等を比較する。
3.媒介契約
→売却を担当してくれる業者を決める。※無暗に値段だけで選ぶのはキケンです!
4.買主の内覧&交渉
→あなたの家を買いたいと言う人に、家の中を見てもらいます。価格交渉等は、不動産業者を介して行います。
5.売買契約締結
→価格に折り合いが付いたら、退去時期等を設定して売買契約を行います。
6.決済・引き渡し
→決済して銀行口座に着金を確認出来たら、同時に引き渡しとなります。

各項目の細かい手順や注意点については、下記に詳しくまとめていますのでご参考ください。

売れるまでどの位かかる?転勤や転職に間に合う様にスケジュールを組もう

転職や転勤に間に合うように

売ろうかな?と思ってからこれらの流れが完結するのに、大体平均で半年前後。
立地が良いマンション等を選ぶと、売れるスピードは上がり2ヵ月前後と早まる事も有ります。

なので、売却を検討する時にはなるべく早めに優秀な不動産会社に相談する事がおすすめです。
販売力だけ強くても安く買いたたかれたり、逆にいつまでも売れなかったり。

結局の所、どれだけあなたと向き合ってくれる業者かどうかが大事なポイント。

下記の「イエウール」の一括査定では大手不動産業者はもちろん、あなたの地域で優良な地元業者の査定を受ける事が出来ます。

カンタンな質問に答えるだけで、各社と比較できるので良い業者と出会いたい方はご利用下さい。

イエウール
>>イエウールの無料査定で高く売る<<

たえこ

どうしても売却を急ぎたい場合には「不動産会社に買取」を依頼する事が出来るよ。
ただ、当然一般に売却するよりも安くなってしまいます。
あなたが望む売却金額が決まっていて、それに折り合うんだったら買取もお勧めだよ。

注意!家を売りたくても「オーバーローン」だと難しいことも

オーバーローンの場合は

家を売る際に気を付けたい事の一つが、オーバーローンの問題です。

オーバーローンとは、住宅ローンの残高が家の売却代金を上回ってしまう事。

こうなってしまうと、そもそも住宅を売却が難しくなってしまいます。
築浅物件で、アクセスが良くない戸建て物件等にありがちです。

オーバーローンに陥ってしまった時の対処策としては、下記の通りです。

・借り入れしてローンを払う
→無担保ローン等を活用して、残高を支払うやり方です。
・新居の購入費用に乗せて残高をローンに組む
→転勤した先に新居を購入するなら、そのローンに残高を上乗せするやり方です。
・任意売却を行う
→残高が有っても売却できる様にローン元と交渉を行う手法。
たえこ

任意売却を専門にしている業者は、ちゃんと選ばないと絶対にダメ。
必要以上に自己破産を迫ったり、連帯保証人に支払わせようとする業者もいるんです。
転勤先にずっと住む予定なら、新居の購入費用のローンに組むのがお勧めです

家の査定をお願いする「不動産会社選び」はしっかりと!

住宅の査定は依頼する不動産会社によってそれぞれ異なります。

ある不動産会社が2000万円と査定した物件でも、別の不動産会社に依頼したら2300万円と査定されることも有る位。

この様に住宅の相場には多少の差があるため、査定依頼は必ず複数の業者に出すことが大切です。

いくつか査定を出してもらうことで、自分の家にどのくらいの価値があるのか、その大まかな相場がつかめるようになります。

その際は一括査定がおすすめ。

ただし、高く査定する業者が良いと言う訳では決して有りません。

高い査定を示されると、つい期待してしまいがちですが、それは業者が契約を取りたいためにわざと高い査定を出している事が多いです。

当然相場より高いとその値段で出しても売れませんから、結局値下げして売る羽目になるだけなんです。

たえこ

査定金額だけで勝負しようとしている所は、その他に売りが無い事がほとんど。
しかもその値段で売れる事はまず無いので、結局高く売れる訳では無いんです。
相場と違いが無いのか、対応やフォローはちゃんとしているのか見極める事が大事です。

大手と地元業者はどちらに依頼するのが良いの?

大手?地元業者?

つい大手の不動産会社ばかりに目が行きがちですが、意外とそう言う訳では有りません。

エリアによっては中小や地域密着型の不動産会社のほうが信頼できる場合もあります。

もちろん、大手の不動産会社は知名度があり、そのぶん顧客も多く抱えている傾向があります。

住宅を速やかに売却するためには、たくさんの人に物件情報を見てもらったほうが有利です。

知名度のある大手不動産会社は、物件情報に多くの人が触れやすく、すぐに買い手が見つかるということも珍しくありません。

しかし地域によっては、大手不動産会社では十分にカバーしきれていないことも良く有るので、地元の業者の方が強い事も結構あります。

とりわけ転職のために家を売却する場合、なるべく時間をかけずに成約まで行きたいというのが本音ですよね。

ですから不動産会社を選ぶときは、結局どれだけあなたと真剣に向き合ってくれるかどうかで選ぶのが大事。

適当な対応な所は、いい加減な売り方をされるのが関の山です。

たえこ

大手は販売力が有る所が多いけど、真剣に相手にしてくれない物件も有ります。
その点、地元の業者さんでも真剣に売ってくれる所に依頼した方が売れるケースも多いんです。

まとめ

いかがでしたか?
こちらでご紹介した事をまとめると…。

まとめ

こういった様に、転勤や転職で不動産を売却する際には、色々決めて行くポイントが有ります。
結局は信頼できる不動産会社に相談する事が最も大事。

下記のイエウールの一括査定は、大手業者と地元業者の不動産店から一度に査定を受けられるサービスです。

こういう物を参考に、まともな対応をしてくれる業者なのか、確認される事をおすすめ致します。

イエウール
>>イエウールの無料査定で高く売る<<